Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
結婚50周年ある夫婦の悲劇
  今朝ある方へのメールに「今日は良い天気になりそう♪爽やかですね。」と書いて送信したのに、何だか今は小雨模様なガブリエル=ゴン地方信じられません!超雨女な松原・・・晴れを願っただけで雨が降るなんて・・・今までは車を洗うと必ず翌日、雨でした。新しい分野を開拓してしまった気分です。

 さて、母方の叔父のお話をします。この叔父(74歳?)は、とても温厚で素敵な父親でもありおじいちゃんでもあり、何しろニコニコして優しいので皆が大好きです。そんな叔父の気の毒?というか、悲劇というか、なお話です。

 叔父は、母(叔父にとって姉になる)曰く、兄弟の中でも子供の頃から甘えん坊で母親からいつまでも離れたがらないようなママ大好きっこだったそうです。大人になってからも毎週末、祖母を訪ねていき夕食を食べ、何かと気遣いをしてくれた孝行息子代表!!であります。。

 そんな叔父も最近は、歳のせいか好きだったお酒もめっぽう飲めなくなり、家でゆっくりと過ごす生活であります。
 ある日、従姉妹が叔父を訪ねていくと上機嫌で迎えてくれて、昔話になりました。従姉妹のヤンチャぶりに親戚中で笑った事や、亡き祖父母の思い出を語っていると、突然叔父が妻(叔父の奥さん=松原の義叔母)に、「お母さん!僕が写真を入れてた紙箱どこやったかな〜〜??」と質問しました。

 すると叔母は、「あ〜〜〜ぁ!!あれかぁ〜!?いまどき団捨離やいうて、身の回りスッキリさせてかなあかんから捨てたよ!」

 従姉妹曰く、一瞬の無言の世界があった後、温和な叔父の顔が一変して、

「お前!どういうことやぁ!なんでその写真から捨てるんや!!思い出のもんやぞ!そんなもん捨ててスッキリするくらいやったら、このへんにあるガラクタを捨てたらいいやろが〜!ええ加減にせえよ!」

 確かに(納得)。叔父の言う通り、その辺の雑貨や古そうな雑誌、机も誰も使ってそうにないし、壁にかかる誰のやらわからん絵もいらんやろ〜。従姉妹と松原で叔父宅の「あれはいらんやろ〜。スッキリ計画!」を勝手に立てて笑ってしまいました。
 「そら〜叔父さんが怒るのは無理ないわ。この時点で可哀そうなのは叔父さんやな。」
 恐らく、長年をしる義叔母の性格上、自分の親の写真はおいてるやろし、服も置いてるでしょう。(多分)何回も行ってる海外旅行のお土産や廊下にほり出してるピアノもいらんやろ。庭にある崩れかけたプランターもいらんやろ〜。

 たしかに、人間を長く続けると固執したり、面倒くさくなったりと捨てれなくなります。魅力を感じないものは処分してスッキリ生活を手に入れると、運気も上がれば気持ちよくなるんッてものでしょう。
 ですが、叔父の写真に限っては思い出のものやし、せめて叔父が生きてる間は置いておいてもよかったんではないでしょうか〜〜〜??ね〜皆様はどう思われるでしょうかぁ??

 滅多に、てか殆ど怒らない叔父が怒るキッカケを自分が与えた従姉妹は、ダラ〜とした叔父家族に一石を投じてしまったと苦笑してました。
やっぱり。身びいきなんかな。。叔父さん可哀そうだ〜。まあ、義叔母も何言われても気にせず、叔父のクローゼットからせっせといらんもの(義叔母認定)を捨ててそう〜。
へこたれません。気にしません。。このご夫妻結婚50年だそうな。
は〜色んな夫婦がおられます。。
posted by: hirogon | 夫婦問題 | 12:18 | comments(0) | - |-
相手に依存しすぎない〜爽やかな関係とは。

 今日も日本中が凍ってるかのようです 雪の降る地方の皆様は大変です。雪かきもせねばならないですしね。

 さて、松原の愛犬ガブリエル=ゴンさんが昨晩から何かの拍子で「キャヒン!」と鳴くようになりました。痛い!と言ってるようです。普段は強気なバセンジー男のゴンさんがか弱い声で痛みを訴えるとなると、哀れで見てる方が辛くなります。
 母(83歳)などは、心配しすぎてゴンに話しかけてはガウられてます〜。どうもサラッと心配して欲しいようです・・・シンプルなバセンジーらしいゴンさんです

 いらん過度の心配をして息子にうざがられる母のごとく、松原も心の中がムズムズとしてきました。深夜だったのでナーバスになってたのかもしれませんが、ガブリエル=ゴンにもしもの事があったら、どうしようか??と考えては心細くなりました。当たり前にいるはずのガブリ=ゴンが・・・首を痛めただけかもしれないのに心配が増幅して自分でも恐ろしい程でした。

 多分、散歩中にリードを引っ張りながら対面するボルゾイ君にケンカを売った時に、首をひねったのでは・・・と朝、冷静になって考えると思いつきました。様子見してみますね。。今は、布団でヌクヌクしてます。

 以前、ある心理カウンセラーの方とお話した時、松原のゴン自慢話しに警告を発せられました。
簡単に言えば、「飼い犬に心を奪われ過ぎたり、精神的に依存するのは、日常生活に支障をきたす事がある。」ということでした。その時は、憮然とした私ですが、少し理解できる部分もあります。
 頼りにしている人(犬)を失った時、悲しみがすぎて心が壊れてしまうかもしれません。また、素直で純粋な犬(ペット)といると、人間界のドロドロ〜生々しい人間関係がいやになって、現実世界に向き合うのが難しくなるかもしれません。

 犬であろうと人間であろうと、ある一定の距離(精神的に)を置いて暮らすことで、日々覚悟して生きる!というか、節度のあるお互いの懐を探り過ぎない、気持ちの良い関係でいられるのでないかな、と最近では思えて来ました。
 犬だからエエやん!の部分もありますが、人間に置き換えるとよくわかります。
相手に依存しない自分を持つ事。相手に踏み込み過ぎない、また、踏み込まれない。。(中には、突然心に土足で入り込んでくるような人もいるようですね。。)

 「ガブリ=ゴンさん首痛い事件」から沢山の学びを受け取りましたまた、この松原には「失うのが怖い!」という、思いにも支配されてます。
この感情については、また次回に書きます〜。しばし、お待ちを〜。

posted by: hirogon | - | 11:16 | comments(2) | - |-
ある新聞記事を読んで。
  今朝は、とても寒かったあまりの寒さに頭がボケてしまい、ゴミの日=ビン・缶・ペットボトル、かと勘違いして持って行きそうになりました・・・。先週も出したと言うのに、また今日な訳ないだろう!私!しっかりせなあかんですね。

 さて、古い新聞で頂いた大根を包んでおこう・・・と思い、手にとった新聞の中の記事に目が止まりました。1月3日の徳島新聞の「この道」瀬戸内寂聴さんの第1回の連載であります。

 簡単に内容をお話しますが、寂聴さんの友人である現代で活躍するキャリアウーマンたち10人が集まった時、「離婚したことある人は?」の質問に、「私2回!」「私3回!」と堂々と自分のことを言い、明るく笑っている。皆が、子供を連れて離婚をした、という。寂聴さん「時代が変わったのだ。」と感じたそうです。

 寂聴さん自身は、現在89歳。離婚をされたのは62年前になる。家を出た後、子供さんをつれに行こうと会いに行ったが、「無邪気に笑う娘を抱きしめると、子供を食べさせていく自信が萎えてしまった・・・と。」半世紀前の女の離婚は罪の香りがした。。。
 何気ない文章に、私自身目を奪われた。その頃の、1人の女性、母の悲しい思いに胸が痛くなった。

 何となく見つけた新聞記事。大根を包まずに、その面だけ切り取りファイルに挟んで仕事用の机の引き出しに入れておいた。 
 人間とは、色々な思いで生きてるんだな。。
posted by: hirogon | 離婚 | 14:47 | comments(2) | - |-
明けましておめでとうございますm(__)m
明けましておめでとうございますm(__)m今年もどうぞ宜しくお願い致します。 元日に嬉しい事がありまして、2012年良い一年になりそうだ!!とウキウキしております♪ ブログを見にきて下さる皆様に感謝の気持ちを心よりお伝えしたいと思っております。 どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m さて、本日4日は、わが愛犬ガブリエル〜ゴンの誕生日です。 六歳になりました♪人間で言えば、 40才過ぎのオッサン盛りでございますが、日々元気ツンデレ甘えん坊な可愛いヤンチャクレ。ずーっと一緒にいたいな♪と思ってます。 庭で走り回る元気もの!母ちゃんが「ここは入ったら嫌やで!!」というゾーンばかり入り困ったちゃんです。 でも可愛い顔やな〜(^-^)←親バカ♪
posted by: hirogon | - | 11:39 | comments(0) | - |-
人との出会いの不思議

 毎日溢れるように沢山のニュースをテレビや新聞、ネットなどで見る事が出来ます

沢山の人間がそこにはいるんだな・・・素晴らしい人愚かな人、貧しい人富める人、事故にあった人賞賛を受ける人・・・・色んな人間の存在するこの地球。。

 人と人との階層ネットワーク構造をコンピューターをつかって解明した最近の研究によれば、誰か一人の人間に6人の知り合いがいれば、辿りに辿っていくと、最終的に地球上の60億を超える人と知り合いであると言う。

 人は皆、地球上に一緒に存在する共同体なのだな・・としみじみ思った

 そんなことなら、今日またこれから出会う人たちと仲良く楽しく生きていたい。。

 せっかく出会えたんですからね・・・・。

 少しワガママで思い込みの激しいところはあるけど、結構面白い人間だと思います、松原。

 これからも沢山の人と出会いたいな・・・と。

 どうぞ、よろしくお願い致しますm(__)m

posted by: hirogon | - | 00:00 | comments(0) | - |-
他人の良い所探しゲーム
  何だか今日は涼しい一日でした秋なのに暑くて、半袖女王として周囲を驚かせていた松原も今日ばかりはブラウスにカーディガン姿であります。。
 
 さて、ツイッターでつぶやいていたので、ブログにも載せたと勝手に思い込んでいたネタを参りまするm(__)m

 世の中に存在するどんな人間にでも、どこか良い所はあるものでしょう。。てか、そう思いたいのです。こちらを一瞥もしない愛想のない店員にも・・・感じの悪い親戚のオバサマにも・・・突然、電話してきて化粧品のセールストークを始めて、こちらが興味がないと知ると「結構です!(きっぱり)」と松原が言う前にブチッ!と電話を先にきる自分勝手に商売熱心な女性にだって・・・どこかしら良い所はあるのではないでしょうか。
 では、分析すると

 ,海舛蕕魄貶佑發靴覆づ弘は、忙しいけど空気の読めない客(松原)が投げかけた質問(そんなの自分で考えろよ!)を答えてくれた優しい仕事熱心な人である。恥ずかしがり屋なのかもしれない。家庭では、良き妻、良きお母さんなのかもしれない。。 etc

◆/得未離バサマ。。こちらは最強の自分大好き女性です。どうも不幸そうにみえる(オバサマの視点に立つとそう見えるらしい)松原に女の幸せを味わってほしい〜!松原の幸せを節に願って下さる優しいお方である。そんなオバサマをうるさがって逃げ回る松原・・・なんて心がせまいのだ!

ただでさえ他人の家に初めて電話するのは緊張するものです。。なのに最初から口調を変えずマシンガントークで自社の商品の良い所をしゃべりまくる、その熱心さ・・・松原個人的に表彰します
仕事は、どんなものでも大変です。。よく頑張りはるなぁ〜と目頭が熱くなります。


 皆さん、頑張って生きてはるなぁ〜と感心する毎日です・・・勝手に。ちょっと黒い分析ではあるけど、なんだかどうでもよくなりませんか?世の中のいやーな事が!

 で、松原は常から練習してます。それは愛犬ガブリエル=ゴンと散歩中、

「可愛いゴンちゃんのもっと良い所〜探しゲーーーム!

であります。

 ゴンの耳はピーンとして可愛いなあ。鼻がクリッと黒くて健康そうやなぁ!茶色が鮮やかで冴えてるね!足の運びが軽やかだね!すらっとした鼻筋が良いなぁ。尻尾がシナモンロールみたいでかわええよ〜。などなど、沢山褒めます。段々ネタが尽きて来そうなものですが、日々あたらしい発見があり驚きます。
 ほめ上手になってきてるんです。。。これも訓練のたまもの。。心底思ってる事だからこそ湧いて出て来る・・てなものですが、これが中々難しかった最初の頃は。

 昨日も早朝散歩でこのゲームをしてましたが、今までゴンのを褒めるのを忘れてました!毎日、健康にもこんなにちゃんとしてくれるなんて素晴らしいことですもの。。わはは〜松原、頭おかしいんちゃうか?と思うでしょう。でも、幸せだからええのだ!
 他人のイヤな所を探して(鼻について)いるより、面白がって楽しく他人と接する事が出来たら、肩の力を抜いて自然体で日々過ごせるのではないでしょうか・・
posted by: hirogon | - | 17:05 | comments(0) | - |-
これって更年期なの?
  数日前から近所の古い木造長屋(築50年くらい?)が壊されていて、ガーーンガーーン!とウルサイ&振動がしております。。おまけに夜中には道路を直す工事の音がありヤカマシーー!と叫んでます。しかし、皆が眠ってる時にも一生懸命働いておられる工事作業員の方々には感謝でございますありがとうございます。。

 が、最近オバたんになったからかプチ更年期がやってきたのか、音がうるさくて仕方ありません〜。
が、気にならない音もあり、何でもウルサイ〜!と叫んでる訳ではありません。

 例えば、母(82歳)の見ている大音量な韓流時代劇のテレビの音。韓国語のケンカしてるみたいな口調が戦争シーンと一緒になり、ワーワーと聞こえます。。「すみません。もう少し音量下げていただけませんか?」と、頼みますが、気になりだしたらとまりません。で、その場を去ります。

 また、携帯電話の何気ない音、ゲームの音、電磁波に敏感な松原・・・少し気になります。。

 電化製品から何気なく流れるキーーーーンと極ちいさな音・・・これも気になる。

 静かな所で暮らしたいな…将来。と希望しております。一方、松原自身は声が大きくてヤカマシイと言われるので全く自分勝手な主張なのでお許しくださいませm(__)m

 涙もろくなるのも、歳を重ねて前頭葉が弱くなるからだそうで、若い頃は感動はしても涙は現在の様に出る事はなかったような・・・??。
 感動もの、動物感動もの、だめです!号泣です!あと、甥っ子姪っ子の成長ぶりも涙ものです。
「あんなに小さかったのに・・・こんなに元気に頑張ってる!すばらしい!」

 姪っ子Wちゃんの吹奏楽コンサートにて、涙が止まらず号泣〜あとで、Wちゃんは友人から指摘されて恥ずかしかったそうです。ごめんよ。。

 昨日も、ワンコ感動ものの海外ドラマを見て、号泣!わが愛犬ガブリエル=ゴンと重ね撮るんでしょうね・・勝手に。

 どこまでも自分勝手に暮らしてます〜。
 

 
 
posted by: hirogon | - | 17:29 | comments(0) | - |-
ツンデレバセンジー
最近、甘えん坊バセに変身!!のガブリエル〜ゴンさんです。 こんなに男らしい顔なのに、ベタベタひっつくツンデレ♪です。 「(^^;)(;^^)?えっ?俺ふつうやけど?」by ゴン
posted by: hirogon | バセンジー | 17:06 | comments(0) | - |-
感情の波の乗り越え方

 外は雨が降っています小雨をねらって出かけた愛犬ガブリエル=ゴンとの散歩も途中から本降りになり大慌て!小雨になるまで雨宿りをしつつ、テクテク〜とゴン君がトイレするまで歩き続けます。ただただ、ゴンだけをみつめながら歩くと、シーンとした雨の中自分とゴンだけが存在するような不思議な気分になります。内省してるのか、うちなる自分から色んな感情が溢れて来ます。

 「昨日のあれ、あんな言い方してまずかったかな・・・。」
 「でも、彼女はそれに悪い反応はしてなかったからよかったんちゃうか?喜んでたで。」
 「しかし、あの人のあの言い方いつものことながらカチン!と来るなぁ〜」 
 「なんであんな言い方されなあかんのやろー?」
 「まあでも、当たってる部分もあるから言われてしゃあないな。反省せなあかん部分かも。」
 「でもなんで、あの人にいわれなあかんのか。悲しくなるな・・・。」
 「私だけが悪いのか。。私を心底理解してくれる人はいてへんのかな・・。寂しいな。。」
 「いやいや、何言うてんのよ。私だって良い所たくさんあるもん。」
 「どうしてあの時、もっと上手に説明しなかったんやろ。。きちんと考えて反論したら良かった。」
 「言われっぱなしやった〜〜!くそ〜〜!!なんでや〜!!私のアホ〜!」
 「でもいらん事言わずにすんだから、あの人との関係を悪くせずに済んだで。えらかった!」

 etc・・・まだまだ、浮かんでは消える、ネガティブ〜ポジティブ〜の入り混じった万華鏡の様な感情。外見の能面のような表情で愛犬と散歩する模範的飼い主の松原(私)も、心の中では、過激な事から悲観的な感情、自己肯定感を確認したり、相手の弱点をあげて自分と比較したりする性格の暗さが見え、自己憐憫にふける身勝手さに気づきもせず、ただただ「何でやろー?」と自問自答する・・・なんて忙しいのだ!松原の中身!!文字にして書きだして矢印まで付けてみたら、何とまあ驚いた!何をそんなにゴチャゴチャと考えてるのか。。

 大忙しな感情の波にザブ〜〜ン!と呑み込まれながらも、「でも私だって大丈夫やもん!」的ポジティブな感情で終わらせるようにはしております。
 しかし上記の言葉は、30分の散歩中のほんの一部分の感情ですからね〜。これを1日24時間で見つめたら、どんだけ沢山の感情を操って人間は生きてるのでしょうか。。

 散歩終了して、ゴンの足を拭いたら、雨でグチョグチョになってる事が判明したので、慌ててオフロにGO!シャンプーして、リンスして〜やぁゴンちゃんキレイになったわぁ。。
 白い所がピカピカと光って可愛いよん。あはは〜大好き!ゴンちゃん。。スッキリした!

 「あれっ?私なんか黒い事、考えてなかった??まあ良いかっ!ゴンもきれいになったし。忘れたな〜。何を悲しんでたんやったっけ??」

 
と、一瞬にして大問題だった「あの人」との負の感情を手放してしまったのでした。人間は、日々沢山の感情を持ちながら生きております。いつまでも、負の感情を抱いてばかりでは辛くて生きずらい。ならば、自分にとって良い情報、感情だけを残して、負の感情をすぐに消化して手放すことが出来たなら、楽に生きていけるし、精神衛生上もよいし、自然と表情も明るくしていられるというものです。
 
 この世の中、ひとりとして同じ性格、気質の人はいません。ひとそれぞれで良いのですよね・・人間って愛おしいな・・・と感じる今日この頃です。
 しかし、上記の松原、相当黒い事考えてますね・・・・はっははは〜お許しくださいませ

posted by: hirogon | - | 16:33 | comments(0) | - |-
10年前の私〜現在を生きる私。
  今日は、とても涼しく感じました。やっと秋らしい季節がやってくるのかな。
そんな気候でいながら、私は愛犬ガブリエル=ゴンの散歩には半袖Tシャツではりきってます
何しろ最初は肌寒く感じても、中盤くらいになると汗ばみ始め・・・もう暑くて暑くて!
かなり走らされるからでしょうが、新陳代謝も良いのかな・・・。
道行くウォーキングのおば様から「元気ですね!」と、ほめられ赤面しております
若いですね・・とも言っていただけると、嬉しくなりますね〜(女心)。

 先日、ある引き出しを片づけていると古い写真が出て来ました。。10年くらい前の私がまだ30代前半だったものです。生き生きとした笑顔で微笑んでいる約10年前の私。
 自分で言うのもなんですが、希望に輝いています当時の私は、30代に入り自分が何をすれば良いのか、30代にもなってしまった・・・もう歳だから何も出来ないのでは・・・という気持ちと、まだ若い!なんでも挑戦してやる!との気持ちになったりと、揺れ動いていました。

 世の中には余計な事を言ってくれる他人がいましてね。30代でまだ結婚もせずに夢ばかり追いかけている私の事をよく思わなかったり、現実を知らせてあげよう!なんて考えるかたがいらっしゃる訳で、時々そんな方から頂く負のエネルギーというか、毒気にやられてしまい、落ち込んだり、また立ち直ったりと精神的にもまだ未熟でした(しみじみ)。

 今の私なら開き直って胸をはり、
「ああ〜!!私、出戻って来ましてん!でも、早めに気づいて帰ってきてよかったですわ。今はがんばってます。どうか、応援して下さいね!」
 
 と、言えるのですがこれも現在の私が様々な事を人生経験や学びの場から身につけてきた事で、揺るぎない自信や少し落ち込んだ自分を立て直す方法を知ったからこそ出て来る言葉でしょう。

 私の学んだNLPでは、過去を振り返るワークがあります
過去(10年前)を振り返ってみると、なんて私は若くて輝いていて美しかったんだろう。そして、なんて未熟で世間知らずだったのだろう。人を疑う事も知らず、色んな人からの言葉に心を動かし、時には泣いたり、でも思いっきり楽しいことも充実したこともあった。沢山の方から助けてもらった。
 幸せで勇気があって元気で・・・なんて良い人生を歩んでいたのだろう。。

 日々を暮らしていると、自分がもう若くないだとか、何かに挑戦するには時間が足りない!だとか、様々な理由を付けて自分をおとしめたり、後ろ向きにさせたりする気持ちの襲われます。
 でも、今から10年後の私が10年前の私を振り返った時、きっと思うはずです。

「あの頃の私は若かったなぁ〜。何でも出来ただろうし、元気でイキイキしていた!素晴らしい人生だったなぁ。」

 と。

 こう考えると、いつまでたっても歳をとっただの、何かを成し遂げる資格がない!だの少しでも頭によぎって考えてる自分が恥ずかしくなります。
 現在の私は若い!頑張ってる!何かを始めても遅くない!素晴らしい人生を手に入れる資格がある!沢山の人と出会い、教わり、感謝する。

 何だか10年前の写真の私から教えられたような気分です
posted by: hirogon | - | 17:33 | comments(0) | - |-